DSC06252

行ってきますた。

宿泊はビラパーク阿蘇の司ホテル。

Googleのレビューでは「施設は古いけどサービスがいい」と好評(?)の宿。

まあ、実際そんな感じでした。

露天風呂が展望皆無で残念ではあったけども、食事おいしかったし満足。

DSC06137
SONY α99ii + SIGMA 50mm F1.4
50mm f/5.0 SS 1/640秒 ISO 100

外輪山から内牧方面に下る道。ここ好きやなあ。今度自転車で来よう。

DSC06163
SONY α99ii + Zeiss Vario-Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA
16mm f/6.3 SS 1/250秒 ISO 100

スパッと切り落としたような外輪山の形。自然の不思議。

中学の理科の授業で習うであろう、「カルデラ=火山活動でできた凹地」なのだが、ここまで巨大なカルデラは珍しく、日本では屈斜路湖に続く2番目の規模なんだとか。

地学はあまり得意じゃない私は、「カルスト」と「カルデラ」よく分からなくなります。こっち(福岡)に来るまではまったくもってどっちがどっちか、やったけども、山口の秋吉台がカルスト、阿蘇がカルデラ、という知識に触れることが多くなったので自然と覚えてた。

このあたりはWikipediaのカルデラ項を参照頂くと面白い。地学もうちょっと真面目にやっとけばよかった。

DSC06211
SONY α99ii + Zeiss Sonnar T* 135mm F1.8 ZA
135mm f/6.3 SS 1/160秒 ISO 100

そしてこの雄大な大地、緑。

パワースポットという言葉は個人的には使わないのだけども、自然や大地の壮大さ、それがそのままの形で残っていることに感謝感謝。

ちなみに一部巨大なメガソーラーが設置されており景観を損なっていた笑

DSC06252
SONY α99ii + SIGMA 50mm F1.4
50mm f/7.1 SS 1/320秒 ISO 100

噴火していると聞いていた火口に近づくべく、草千里ヶ浜へ。

上記写真の左上のもくもくが火山の煙。

DSC06261
SONY α99ii + SIGMA 50mm F1.4
50mm f/1.7 SS 1/6400秒 ISO 100

すごい地形。そして中国の観光客の多いこと。

DSC06348
SONY α99ii + SIGMA 50mm F1.4
50mm f/2.8 SS 1/2000秒 ISO 100

あんまり歩き回らせるのも、ということで、草千里ヶ浜で娘氏とシャボン玉遊び。

と妻のポートレート撮影(非掲載)。

楽しい。

DSC06433
SONY α99ii + Zeiss Sonnar T* 135mm F1.8 ZA
135mm f/2.0 SS 1/2500秒 ISO 100
DSC06448
SONY α99ii + Zeiss Sonnar T* 135mm F1.8 ZA
135mm f/2.2 SS 1/500秒 ISO 100

ここから少し火口側に移動。

DSC06459
SONY α99ii + SIGMA 50mm F1.4
50mm f/10 SS 1/160秒 ISO 100
DSC06464
SONY α99ii + SIGMA 50mm F1.4
50mm f/10 SS 1/160秒 ISO 100

道路上には火山灰が降り積もっていた。

当然火口公園には入れず。

これまで何度か阿蘇に来ているが阿蘇を「火山だ」と感じることはなかったように思う。しかし実際に火山活動を終えていないこの様を見て、生きた火山なのだということを痛感。

本日の観光はここまで。ホテルに向かい、温泉と食事を頂く。

ツインの部屋は寝室とユニットバスの2室のみ。寝室にはなぜか洗面台が面してある謎の構造。

まあビオネスホテル+αという感じではあったけども、食事がおいしかったし、風呂も3つあって、いろいろと楽しめると思う。

DSC06493
SONY α99ii + Zeiss Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA
70mm f/3.2 SS 1/60秒 ISO 1600

コースの一部で出てきた鰻丼。

甘辛いタレが絡んだ鰻と、ご飯に散りばめられた山椒がいいアクセントになってて好き。