DSC00870_1

先日の井原山(いわらやま)と浮嶽の山行レポートを簡単に。

先日、FT村氏と井原山に登ってきた。

標高300m弱から983mまで 2時間ほど上り続けて駆け上がる。今回は初心者向け?っぽいアンの滝コースで。

このコース、めちゃめちゃ好きや。

DSC05184

まずもって、緑が多い。ワラビにブナ?に苔。非常に気持ちいい色彩。

DSC05188

そしてに序盤は川沿いを上り続けることもあり、ずっと川のせせらぎを聴きつつのクライムになる。なんというリラックス効果。

DSC05202

そしてアンの滝の存在。

水しぶきが辺りの気温を下げてくれており、ちょっと一休みしながらクールダウンができる。

DSC02421

山頂は残念ながらカスミで写真を撮る気にもならないレベルやったけども。

そして浮嶽。

DSC05213

浮嶽へのアプローチはいくつもあるのだけども、今回は白木峠からのアプローチを選択。

あんまりまともに地図を見ないまま入山したのもあって面食らったのが壁のような斜面・・・。

DSC05224

これ、水平取った写真。ひたすら急斜面で上ると思いきや、ちょいちょい下りもあってせっかく稼いだ標高を下げてしまう。そしてまた急斜面で上り返す。

ある意味この下りが休憩になってよかったのは序盤の話。

後半はひたすら急斜面を上り続ける。しかもここ、あまり登山客がいないらしく、トレイルに枯れ葉が堆積しており、枯れ葉ごと滑ってしまうこと多数・・・。

DSC05229

こんな感じ。正解のルート・・・どこ?みたいな。

斜度について、実際どんなもんなん、ってあとからヤマレコで確認してみると、標高600mから750まで上がる区間は水平移動距離300m・・・斜度50%!?!?!?

ちょっと誤差が大きそうな気がするけど、目の前に鎮座するその斜面はまさに「壁」と言っても差し支えないほどで、50%まではいかないと思うけど、40%くらいはあったんじゃないかな。50%あったかもしれんけど。

DSC05232

山頂に近くなると、雨雲を被っているらしく、雨が降っている。

こういうこともあるんやなあ、と気にせず進む。

DSC05246

なんか、謎の古びた小屋があるんですけど・・・怖いんですけど・・・

DSC05251
DSC05249

浮嶽神社上宮脇に設置された山小屋(?)ですた。

中には登山客が書いたと思われる記念記名(?)が。名前的にご年配の方と思う。ご年配でここまで上ってくるの結構大変やろうし、

「上ったどーーーー!!」

という記念なんやろう。

DSC05253

山頂で写真撮ってみたけど・・・こらあかん。神々しすぎる。

来た道戻るのも芸がないというか、あの急勾配下るのちょっと怖いので、南登山口を目指して下ってみようってまた地図もよく見ずに突撃してみたら。

DSC05257

こっちの方が急かもしれん笑

DSC05259

しかもこんな感じで枯れ葉が非常に深い。

慎重に下るのも面倒やから走りながら下ってたら何回も滑った。

けども、斜面が急やからバランス崩す→身体が接地する前に手で態勢を立て直す→そのまま進む

な感じで順調に(?)下って。

DSC05270

30分くらいで舗装路に出て、白木峠七山川に合流してそのまま原チャが置いてある駐車スペースへ。

DSC05279

下ってまむし温泉で汗を流して。

DSC05275

休憩室で素麺食べて帰宅。