アルピニスト=登山家の間では、早朝に山登りをすることを「朝駆け」と呼ぶらしい。

そんなわけで、今回もFT村氏と山登りへ。

行先は福岡県糸島市の立石山。

前回は一ノ岳からのほぼ獲得標高のないルートやったけど、今回は海抜ほぼ0mから標高200mまで駆け上るルート。

https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1875248.html

もともとは2つある登山口を往復するプランやったけども、シューズが合っておらず下りで爪先イタイ症候群になってしまったFT村氏の事情を汲み、舗装路で駐車場に戻る。

DSC04826
登り口近辺。芥屋海岸を横目に登山口に向かう。
DSC04827
立石山 芥屋側登り口。下の方は割と森の中を進む感じ。
DSC04831
ほどなくして尾根線に出ると景色が一気に開ける。立石山そのものが大きな巨岩でできている、と言っても過言ではないようなイメージ。
DSC04840
200mそこそこという数値では計り知れない景観がそこにはある。
photo by FTMR. コーヒーを淹れる。山頂でのコーヒーが最高。
DSC04841
芥屋の大門とコーヒー。最高か。
DSC04847
FTMR’s peak challenge.ま、怖いよねー普通に。
DSC04850
「負け続けて諦め続ける人生なんてまっぴらだ!」
DSC04852
いったあああああああああああああ!!!
見ててこっちが肝冷やすレベル。
DSC04861
photo by FTMR with my a6300.
DSC04865
これ、すごい景色じゃないっすか?
DSC04875
映えスポットにて。
DSC04890
何をしているかは秘密だ。
DSC04893
山に捨ててはいけないもの。それはゴミと命だ。 by 島崎三歩

一ノ岳側登山口から徒歩で芥屋駐車場まで下って帰宅。

岳 -ガクー (2枚組)【豪華版】 [ 小栗旬 ]
posted with カエレバ
楽天市場で検索
Amazonで検索