DSC02317.jpg

先週月曜やったっけかな。

随分前に届いてたKEBEL用のスプロケをやっと交換した。

DSC02316

DURA-ACEグレードのCS-9000から、ULTEGRAグレードのCS-R8000に。

DURAで2年もったかなあ。正直「耐久性が高い」とは感じなかったな・・・2年と言えど1万kmも走ってないと思う。ただ、上りまくってたから特定のギアの使用率が異常に高かったというのはあると思うけども。

そんなわけで、どうせすぐダメになるんやったら、ということでULTEGRAにダウングレードした。変速性能も大して変わらんやろ。

DSC02321

かれこれ12~3年使ってる自作の工具(フリーホイールリムーバー)で。

フリーホイールリムーバーはアングル材とママチャリ用チェーンとボルト、ナットで1,000円くらいで作れた記憶。

昔はSHIMANO純正しかなく高かったけど、今はPWTがリムーバーとチューナーセットで1,400円という破格で出してるので、自作のメリットそんなにないかな。

 

ここからは、FT村氏が先日の雷山登山で撮ってくれた写真を紹介しよう(20枚ほどあるうちの2枚だけなので、明日以降も続くかもしれない)。

今回のスタイルはカメラ2台体制。もちろん二刀流で2台同時に使うことはない笑

メインはα6300。

リュックのショルダーベルトに装着したホルスターにぶら下げて携行。

サブはα99ii。こちらはリュックの中に入れておいて、山頂での撮影用。

撮ってて楽しいのは間違いなくα99iiだ。

ただ、カメラ2台というのは目的の重複した道具を2つ持っているということになるので、もっと険しい登山になると必然的にどちらか1台がリストラされるやろうね。

1台持っていくならα99+SIGMA2470かなー。

α6300+単焦点(16mm、30mm、60mmの3点セット。30mmを標準的に装備)でもおもしろいかもね。