SAYA160312500I9A3721_TP_V.jpg

私と彼女との物語は、

2019年4月16日(火)の朝9:00に始まった。

事の顛末について、何度かエントリを分けて記しておこうと思う。

2019年4月16日。

日本では明仁上皇の生前退位と新天皇の即位を前に、「令和」という新しい時代の幕開けに向けての準備が着々と行われているところやった。

そんなある日、私のDoCoMoメールに届いた1通のメール(メールアドレスは@を全角に変えています)

From:c0nt1nu0uz_ch0rus@docomo.ne.jp
件名:おはようございます♪
本文:忙しくされてますかね(^^) 久しぶりにご飯いきません?

見覚えのないメールアドレス。もちろん私のスマホには電話帳登録はされていない。

そういえば、上記のような意味不明な文字列をメアドに設定する大学の友人が1人いたな。

なんて思いつつ、

「どうせ間違いメールだろう」

と思い、放置していた。

同日21:00。再度メールが来た。

From:c0nt1nu0uz_ch0rus@docomo.ne.jp
件名:こんばんは♪
本文:先程メールしましたが、送られてなかったみたいですね(笑) 来週時間が取りやすいのですが、お茶でも大丈夫ですよ♪来週はいそがしいですか??

本文中の「先程したメール」というのが、同日朝9:00に届いたもののことを言っているのか分からない。

そして、もしかするとこの意味不明な文字列のメールアドレスは大学の友人かもしれない(最近面倒でメアド変更の連絡が来ても登録忘れてたりするので)。

ということで

「いいですよ」

と一言だけ送ってみる。

ほどなくして、(おそらく返信ではなく新規作成で)メールが届く。

From:c0nt1nu0uz_ch0rus@docomo.ne.jp
件名:あ、名前!
本文:ごめん、うっかりしていれ忘れてた(笑)古賀です♪みっちゃんは元気にしてた?

私とリアルに付き合いのある方は分かると思うが、私の名前に「みっちゃん」の要素はなければ、これまで「みっちゃん」と呼ばれたこともない。更に言うと、前述した大学の友人でもなさそうだ。

これは明らかに間違いメールだ。仕事中で間違いメールである旨を指摘返信できないままにしていると、

From:c0nt1nu0uz_ch0rus@docomo.ne.jp
件名:あれっ?
本文:みっちゃんじゃありませんか?(汗)

とまたメールが来た為、

「みっちゃんじゃありませんよ」

と返信した。

翌日、古賀と称するおそらく女性から返信が。

From:c0nt1nu0uz_ch0rus@docomo.ne.jp
件名:申し訳ありませんm(__)m
本文:間違えてるみたいですね。でもどうしてだろう…唐突に失礼ですが、女性の方でしょうか?(汗)

おそらく「みっちゃん」というのは女性の友人なのだろう。私がみっちゃんではないと分かった以上、みっちゃんとの共通点を1つでも見出したかったのだろう。

しかし残念ながら、私は股間においなりさんを有するオトコだ。まぎれもない♂だ。

「男ですよ」

と返信をする。しばらくして返信が来る。

From:c0nt1nu0uz_ch0rus@docomo.ne.jp
件名:お騒がせしてしまい申し訳ありません
本文:申し遅れましたが、東京在住のもなです。事務所の同期に連絡先を伺ったのですが…なぜ間違えたのか分からないので、教えてくれた同期に確認しますね。ちょっとお時間を頂けたらと思いますm(__)m

なんだかかわいい人だな、と思った。

YAMA_DSC1063_TP_V.jpg

・件名が本文の一部になって有効活用されている
・適所に使用されている顔文字
・名前が「もな」(苗字は先のメールで「古賀」ということが分かっているので、古賀もな さん、だ)
・ちょっとお時間って間違いメールを受け取った側として何を待てばいいのか

ということで、

「古賀もなさん、ですね。いい名前ですね」

とだけ返信する。

From:c0nt1nu0uz_ch0rus@docomo.ne.jp
件名:もなです。
本文:どうやら酔った時に教えてくれたみたいでして、申し訳ありませんm(__)mですが、ご連絡頂けたことで間違いが分かりましたので非常に助かりました。こんな偶然ってこれから先ないと思うので、よかったらまたメールしてもいいでしょうか??(*´∀`*)

偶然、とか運命を信じている可愛らしいタイプだ。東京在住なら福岡からはかなり遠いが、出張で関東にはちょくちょく行くので、その時にもしかしたら会ったりできるかもしれない。

「あれ、そういえば古賀もなさん、って小学校にいたな、と思ったのですが、神奈川県の藤沢市ご出身だったりしませんか?」

これで古賀もなさんが藤沢市出身だったならば、ものすごい偶然だ。

※ちなみに私は、古賀もな、などという人物はもちろんのこと、藤沢市には縁もゆかりもない。

From:c0nt1nu0uz_ch0rus@docomo.ne.jp
件名:ありがとうございます♪
本文:藤沢市出身じゃないですよ♪でも江ノ電や小田急には乗ったことがあります。とってもいい場所ですよね♪普段メールすることもないのですが、間違い方が奇跡的ですし、きちんと対応をしてくれていい方だと思いました(o^_^o)即席ニックネームでいいので教えてくれませんか?

藤沢市はとってもいい場所なのか。江ノ島は新人研修時に何度か自転車で走ったことがあるので、確かにいい場所だな。

などと思いながら、過去のもなさんのメールを読み返す。

そういえば、

「事務所の同期」

ってなんだろう。我々会社員でいうと「会社の同期」という方がより一般的やし、「事務所」というと会計事務所とか弁護士事務所とか、そういう系か?

いや、事務所というと芸能事務所というのもあるな。芸能人?だったらすっげー!

などと思いつつ、古賀もなさんの人物像に思いを馳せて、夜は更けるのである。

続く。