「九チャレはコースおもろないからDNSでもいいぜ」

なんてイキリキッズ感全開だったボクですこんにちは。

久々にちょっと長めに乗ってみたら体力落ちまくってて笑うしかなかった、って話。

130km、1,300m upくらいのコースでベロンベロンなった。

まあここ最近上ってないし、坦々と走る練習しかしてないし、途中インターバルで踏みまくったってのももちろんあるけども、まさかここまでかあ、というのが所感。

DSC03302

4時過ぎに出発して、Pioneer SGX-CA600のルートナビ機能を試しつつ唐津経由で観音峠~嘉瀬川ダムの東側は平均300Wで踏んで周回(何周したっけ・・・4周?)して、長野峠経由で帰宅。

DSC03306

人に依っては割とおせっかいな機能。「もうギアないで」通知機能。アウタートップから更にシフトアップしようとしたり、インナーローから更にシフトダウンしようとするとCA600が教えてくれる。しかも音が鳴る。集団でこれやると恥ずかしいので、せめて音を切りたい笑

DSC03309

ルートナビのコースプロフィール機能。

初めてのコースで山祭りをやる際なんかはいいんじゃないかなこの機能。

DSC03312

DSC03319

DSC03320

DSC03337

嘉瀬川ダムは上流部が渇水状態で、ダム底が露出してた。
かつて使用されていたであろう道路なんかも姿を現していた。

DSC03328

DSC03331

DSC03342

ウソみたいだろ・・・これ・・・全部花粉なんだぜ・・・。

薬持ってきててよかった・・・。本当は1日1錠の薬やけど、効能が足りてないので、朝(3時に)飲んで出てきたけど9時に追い錠剤。

DSC03329

DSC03343

DSC03330

DSC03334

DSC03339

嘉瀬川ダムのダイナミックな景色と、私のカッコいいKEBEL。

このフレーム気に入ってるのでまだまだ乗りたい。

が、クリアがだいぶ浮いてきた・・・。

DSC03345

嘉瀬川ダムグルグルしてたらハンガーノックになりそうやったので米粉シュークリームとやらを1個。

DSC03352

この後の長野峠でエネルギー足りずにハンガーノックなったけど笑
レストランでカレー食べればよかった。

DSC03353

が、長野峠を虫の息で下り切ってからのホットコーヒーとミスターイトウのチョコチップクッキーの組み合わせがうますぎた。うますぎた!この組み合わせはマジで最高!

DSC03346

さて、本日筆下ろし初下ろしのPioneer SGX-CA600。

ルートナビ機能は予めSTRAVAやRideWithGPSで作成してサイコンにimportしたルートにしか対応してないので、変なとこ通らされるということはもちろんない(変なところ通ってるとしたら、それは自分が作ったもの)。

GPSの精度も十分なので、込み入った交差点でも曲がる位置を間違えることはないし、右左折(となぜか気まぐれで直進も)に関しては1km手前で通知、250m手前で再度通知とクルマのナビに近い案内をしてくれる。

ナビ機能としては及第点というか、思った以上に使える、というのが印象。

画面に関してはさすが最新の世代。とても高精細で、高精細過ぎて文字が小さくて見えないなんてこともある笑

また、先代CA500ではペダリングベクトルくらいしかグラフィカルな表示がなかったけども、CA600に関してはペダリングベクトルに加えてパワーの左右バランスやTSS、トレーニングレベルなどもグラフィカルに表示できるが、たとえば左右バランスやTSS、トレーニングレベルに関してはグラフィカルに”なんとなく”表示されるよりも数値で表示してくれた方が見やすいので、まあ「なんかおしゃれ」程度と思う。

逆に、MMPグラフが表示できるのはすごいと思った(ただ、トレーニング後に見るMMPと違って、時系列で変化していくので、ちょっとまだ見方が分からないところはある)。

_20190224_144232

というわけで、さっそくおもしろガジェットをいじり倒している(サイコンの設定に関しては、Bluetoothを介してすべてスマホから設定可能。上記は設定中のスマホ画面をキャプチャしたもの)。

せっかくなので、そのライドがどんなものだったのかを語れる1ページを用意してみた。

もちろん動作はサクサクヌルヌルで軽快そのもの。電源落とさなくても低消費モードに入るスリープ機能なんかも、大き目の休憩を取るライドなんかでは重宝する。

DSC03335

コックピット中央にでっかいサイコンがドーンと鎮座するので、スマートとはいいがたい(先代CA500くらいのサイズがスッキリしてて好き)けども、SGX-CA600は間違いなくライドそのものをいろんな意味でsmartにしてくれるサイコンだろう。

さて、キレイにまとまったところで、九チャレやな・・・。

とりあえず高強度に身体を馴らしていくかあ。