九チャレ。

正式名称は九州チャレンジサイクルロードレース

熊本県五木村(いつきむら)にて開催される、九州では唯一全日本自転車競技選手権大会の出場資格を得られるレースである(登録競技者クラス限定)

登録者クラスと未登録者クラスが存在する本レース。

私は未登録者クラスにエントリー。

開催される五木村は訪れたことがない土地なので、FT村氏と試走に行って来た。

DSC03292_1

本日の獲物。各自好きなものを持ってくるスタイル(ただしカップ麺等のジャンキーなものに限る)。

お湯は私がガスバーナー(プリムスイータライト)を持参して沸かす。

DSC03294_1

これがあれば何でもできる!

DSC03295_1

お汁粉もできる!

DSC03297_1

カップ焼きそばもできる!

DSC03299_1

コーヒーだって淹れられる!

しかもコーヒー豆はスタバのコーヒーを今朝挽いてきた挽きたて。うまくないはずがない。

この非日常感がたまらない。

非日常感に飢えている時は、自宅で、ガスバーナーでお湯を沸かして上記のようにコーヒーを淹れることもある笑

次回は、スキレットを持参してソーセージや肉を焼いてやろうかと思っている。

非常に楽しみだ。

あれ?

なんの話でしたっけ?

あ、試走に行ってきました。

未登録者コース.JPG

未登録者クラスのコースはというと、ときおりコース幅が狭まる箇所があるのと、90度の直角コーナーが4つあるので、位置取りとコーナリングが重要と感じた次第。

あとはトンネル。アイウェアを付けた状態だと、まったく見えない。クリアレンズが必要。・・・か?

これといった上りもなく、平坦屋さんが活躍しそうかなー。

DSC03243

DSC03249

DSC03257

DSC03276_1

DSC03280_1

DSC03286_1

登録者コース.JPG

登録者クラスのコースも走ってみたけども、こちらは斜度12~15%の上りがあり、そこでセレクションが掛かりそう。また、コースもコーナーが多くテクニカル。

DSC03262

コース間違えた状態で3周走ったりね・・・。
「このコーナーの処理が難しいな」
とか2人で頭悩ましてたけど、コースは実はそこ曲がらない、とかね笑

DSC03270_1

DSC03271_1

DSC03272_1

コースの中心になっている川辺川は12年連続で「水質が最も良好な河川」に選ばれている

たしかに半端じゃないほどの透明度で、飛び込もうとするFT村氏を制止するほど。今はダメだ!三途の川を渡ることになってしまうぞ!

ぜひとも夏に来て飛び込みたい川。

走ってからは冒頭の通り。

試走よりもむしろ、野外メシが中心 笑

さて。大まかなスケジュールはこう。

05:00 TKTN宅に迎えにきてもらう。

ぼちぼち買い物とかしつつ。5:20に本格的に出発。

途中休憩を何度か挟む。松橋経由の片道200km弱。

DSC00510

五木村手前の40kmほどは峠道が続く。ご安全に。

08:30 道の駅 子守唄の里 五木村に到着。試走開始。

11:00 試走終了。

12:00 昼食食べてお土産買って出発

15:30 帰宅

大体3時間30分くらい見ておけば、まあ着く距離かな。

試走と野外メシの為に1日空けるというのに、快く送り出してくれた妻と、往復の運転をしてくれたFT村氏に感謝を。