毎年この時期、しまなみ縦走に参加する為に広島県は尾道市で落ち合う(さながら七夕のような)15年来の大阪の友人が福岡に来た。

九州出張に後泊を付けて、少し遊びたいという。
(先日のエントリに書いた通り、事情により七夕イベントであるしなまみ縦走はDNSとなった)

とはいえ、2児の父である友人。

出張で家を開けている状態から更に後泊で遊んで帰ってくるとなれば、家族(特に奥さん)の気持ちを汲む必要もある。タイムリミットは夕飯に間に合うまでの時間で、福岡を12時頃に出発する必要がある。

そんな彼に福岡を堪能してもらう為に、おもてなしする為の時間は、5時に集合してから12時に電車に乗るまでの7時間。

5:00 友人が泊まる博多のホテルに迎えに行き、その足で元祖長浜屋へ。

DSC00423

DSC00426

博多とんこつラーメンを楽しんでもらう。

一般的にとんこつラーメンというと、しょうゆ豚骨だったり、純とんこつだったり、人によって印象は異なると思う。

ここ、長浜屋のとんこつラーメンは、

・味は純とんこつだが少し薄め
・塩味濃いめ
・豚臭い独特の香り

という特徴を持っており、福岡(特に福岡市中心部)のロコ達にはコアなファンも多い一方、独特の風味から好き嫌いの分かれるラーメンである。

実は私自身長浜屋のラーメンを素面で食べるのは初めて。今まで2回訪問したことがあるが、いずれも飲み会でベロベロに酔っぱらった後である。

まあなんというか、やはり独特の味で、”私は”好き好んで食べはしないかな、という感じ。友人はうまいうまいと言ってたけども。

そこから一気に糸島まで走り、釣りをする。

当然(?)、1年で最も寒い時期でもあるので、釣れない。

DSC00427

DSC00429

DSC00454

DSC00467

しかし、大阪では見れない景色の中で釣りができたことにいたく感動していた。

DSC00475

8:30に釣りを終了。コーヒーを淹れる。

そしてその後に、ロコ御用達の激安スーパーであるルミエールへ。

昔、帰省時に友人にお土産に渡した「白糸(日本酒)」を気に入っており、また飲みたいということで購入。

ここから妻、娘と合流して牡蠣小屋へ。

10時の開店とほぼ同時に船越のマルハチへ。

DSC00481

DSC00486

DSC00488

DSC00490

DSC00492

次があるので、牡蠣はひと盛だけ。サイドメニューはイワシ明太のみ。

牡蠣もさることながら、イワシ明太がうまい。このイワシ、めちゃめちゃ脂が乗ってて、家でも食べたいくらい。

DSC00502

しかも船越は内海なので波も穏やかで山とのコントラストが美しい。

ここからは福岡弾丸ツアー最後のお楽しみである牧のうどんへ。

DSC00507

福岡というのは実はラーメンよりもうどん文化が強く、ラーメン屋よりもうどん屋の方が店舗数が多いという噂もある。

博多うどんそのものも独特で、まずコシがない。ツルツルしこしこではないのである。

こちらも好き嫌い分かれる一品ではあるが、友人に福岡の食文化の1つとして楽しんでもらうことに。ちなみに私は最初はコシのなさに度肝を抜かれたが、何度か通ううちにハマってしまった。

友人も私もスペシャルうどん 硬麺を注文。

ただこれ失敗で、肉ごぼてんにしておけばよかったなと。

ただ、うどんの食べ応えと出汁のうまさは堪能してもらえたようでよかった。

うどんを食べたら時刻は11:30。

予定通り12:00にJRの駅に送り届けてお別れ。

次は家族で来たいそうな。ぜひ来てくれい。その時は大地のうどんにいこう。