旅行に行こう!

となったら、どういう基準でどういう場所を選びますか?

九州近辺に住んでいる人には、平戸へのプチ旅行がおすすめです(特に今(2019年1月現在))

平戸は日本列島の最西端ながらも福岡市内から片道100km。

オール下道でも、福岡市内から車で3時間程度で着きます。

今は

二丈浜玉自動車道:自動車専用道路で無料

西九州道(唐津~伊万里 伊万里~松浦):高速道路建設中につき無料

で、福岡市内から平戸までの100kmのうち、半分以上を高速道路や自動車専用道路(無料)で通行できます。

また、九州といえど案外寒いです。福岡市内でも山間部は積雪により通行止めになることもよくありますが、福岡市内から平戸に関してはほとんどが海沿いということもあり、積雪や凍結により通行止めになることはまずありません。

そして平戸といえば、海の幸に山の幸、お肉もおいしいことで有名。

海の幸:ウチワエビや各種青物(ブリ、ヒラマサ、アジ、サバ)

山の幸:平戸ロマン(シイタケ)

お肉:平戸牛

これら海の幸、山の幸、お肉を好きなだけ食べられる上に温泉もあるし子供用のキッズルームもある。

それが湯快リゾート ホテル蘭風です。

■グルメ

DSC02629

DSC02637

食事は地産地消をテーマに、とにかく平戸グルメを好きなだけ食べられるバイキング形式。 しかも自席でバーベキューができるというプランが基本です。

DSC02633

DSC02640

DSC02641

こんなお刺身だって食べ放題。

「え、追加料金とかいらないんですよね?」

と店員さんに聞いてしまうレベル笑

写真は撮っていませんが、和洋中のバイキングなので焼きそばや麻婆豆腐、鯛茶漬けなどもありました。

DSC02656

ソフトクリームやアイスクリームもあるので、子供も大喜び。

DSC01629

朝食もたくさんの食材から選べるバイキング形式。

こちらも自席で魚の一夜干しを焼けるので、焼き立ての地物の焼き魚を朝から堪能できます。
朝風呂入った後の朝ごはんがもう最っ高!

■お部屋

DSC01688

こんな場所に立地しているので。

DSC01651

全室オーシャンビュー。

露天風呂が付いている部屋もあります(今回は予約の都合上取れなかった)。

大浴場の展望露天風呂からも大海原を望めます。

日帰り湯も500円で承っている模様。

泉質はというと、そこまで尖った印象はありませんでした。やや硫黄の香りがしたかな?程度。

1月中旬に訪問しましたが、露天風呂の温度がかなり高く、長風呂が苦手な私には中々景色をゆっくり楽しみながら温まる、というのは難しかった(温まる⇒出て冷ますを繰り返した)。

風呂だけ入りに来ても十分な施設。

DSC01655

残念ながら今回は曇っていて見れませんでしたが、部屋は東向きの為、大海原と山から上る朝日を望めます。

■ホテル内施設

DSC02621

子供連れのファミリーにとって一番うれしいのはキッズルームでしょうか。

滑り台などの施設が充実しており、子供も大喜びで走り回っていました。
楽しそうに遊ぶ子供の姿を見れたことが今回の旅の最大のポイントやったかな。

お土産コーナーも充実しているし、ゲーセンやカラオケもあります。

また、チェックインとチェックアウトに関しては非常に融通が利きました。

そもそもチェックイン時刻は15:00でしたが、少し早く着いたのでダメ元で聞いてみたところ、すでに部屋の準備はできているということで、14:00頃にチェックインさせてくれました。

チェックイン前後でも管内施設は利用可能なので、子供連れの場合はキッズルームで子供を遊ばせたり、お土産コーナーでお土産を物色するのもいいですね。