今朝、糸島を軽く流すために家を出たんですわ。仕事前にね。

まあ昨日
「もうレースとかあんまやる気ないしい~」
なんて書いたもんやから、あんまやる気ない感じ出しとかなあかんかなと思って、そこそこゆっくりペースで。

どうせアゲないし~、とか言って冬用の裏起毛ウェアを上下に着込んだりしてね。
もうやる気のなさを形から体現したわけですよ。

事件は宮浦で起こった。

50mくらい後ろにね。トラックが見えたんですわ。

こっから先住宅街はトラックが自転車抜くの結構辛いくらい狭いし、ちょっと迷惑にならないように踏み踏みしよう、って500Wくらいで踏み始めるわけ。

したらもうね。気持ちよくなっちゃって笑

脚シュワシュワしてるんやけど、とりえあず北崎小学校まで行けば道幅も広くなるやろと思って全開で踏みつつ、小学校前で華麗にリレーするわけ。トラックに。

したらそのちょっと手前の時点で前方にサイクリストが見えてて、もうなんか
「ヤっちゃえニッ○ン」
なくらいにテンション上がってるから、そのまま行くわけ。ヤっちゃうわけ。

以前も糸島で何度もすれ違ったことがあるし、百道浜で出社前の休憩してる時に何度も通り過ぎていくのを見ているサイクリスト。

自転車のいいとものジャージを着た2人組。
TKTN興信所のデータによると、うち1人は福岡市内で美容室を営むYMZK(YMSK?)さんって方のはずだ。

これは舐められたらあかんと、かなりの速度差でぶち抜くわけ。
「はよーございまーす!」
とかって爽やかな笑顔(?)であいさつしつつ。

そのまま独走ですよ。後ろは振り向かない。

おかげでその後のスプリントポイントではスプリントする元気なし笑

そのまま一旦家に帰ってリュック背負って家を出たら、長垂の海岸線でまたもや先ほどの2人組が前方に(要は私が家に帰ってる間に抜かれた)。

これは舐められたらあかんと、かなりの速度差でぶち抜くわけ。
「はよーございまーす!」
とかって爽やかな笑顔(?)であいさつしつつ。
そのまま独走ですよ。後ろは振り向かない。

(2回目)

で、その後マリノアのあたりで信号に捕まって待ってたら、後ろから先ほどのサイクリストが追い付いてきて、

「お前どこ中?」

とかって聞くわけですよ。
田舎のヤンキーやんけ。

「おれ?箕面一中」

とかって答えるわけですよ。ここ福岡市やのに。
大阪府箕面市の公立中学校名(いや実際に卒業したし)をね。

「はかたなめとったらくらすばい!」

とか言ってくるわけですよ。もう一触即発。
したらもうこっちも応戦するしかないですよね。

まずはボトルに入ったVAAMを相手の顔にぶっかける。

「おまえひきょうばい!」

とか言ってる間に、相手の自転車のクイックリリースをクイックにリリースしてコチラはダッシュ!

ははは!俺にケンカを売ろうなど100年はy・・・「お前どこ中?」の下りから全部嘘です。

「どっから来てんの?」

といきなり出身地を聞かれたのか
「大阪からです」
とか
「地獄の淵です」
とか答えようかと思ったけど、どうやらどこから走ってきてるのか、って質問やったので
「今宿ですー」
と答える。

特にそこには触れられずに、いきなり太ももをサワサワされて京都伏見のあいつかな?という疑惑を隠せないまま
「よう走っとる脚やね」
なんて言われてまんざらでもない笑

そこで別れて(というか前方に逃げて笑)、百道浜で休憩してたらまた通りすがって今日3回目 笑

で、本日夕方門司シモ氏からいきなりLINEが。

「うちの向かいの床屋さんが糸島で脚が太くて速いサイクリストに出会ったと言ってた。特徴聞いた瞬間TKTNって分かった」

とかなんとか。

え!
私の特徴が
「脚が太い」

「速い」
なの!?

「イケメン」
とか
「スタイルがいい」
とか
「仕事ができる」
とか
「家庭思い」
とかいろいろあるやん。めっちゃあるやん。

「速い」は自他ともに認める特徴なのでいいとして「脚が太い」なんて言われたらお嫁に行けないやん。ショックで立ち上がれない。最近脚太いの気にしてるのに・・・。

というのは半分冗談ではなく。
今年の冬の仕事用にオフィスカジュアルのパンツ(ズボンね)を買ったんやけど、ウエストは昨年より細くなったのでウエストでワンサイズ下げたんやけど、脚がね・・・パンパンなんですよね。

ストレッチパンツなので時期に伸びるやろとは思ってるけど・・・ウエストより脚のが(基準相対的に)太いなんて・・・ショック・・・。