ホントは2杯釣って2杯分のワタ(キモ)を使って、1杯分の身で塩辛を作ろうと思っていたのですが、1杯しか釣れなかった為、1杯分のワタで1杯分の身で、ややワタが足りない塩辛を。

醤油とか酒で薄めましたし、そもそも工程として必要な「塩付け」もやってないので、塩辛ではないな。

強いて言うならば。

「イカの漬け 塩辛風味」

ですかねw

とはいえ、おいしいアオリイカの身にワタのうまみと風味が合わさって、ごはんによくあう塩辛ができました。

九州の醤油はかなり甘口で、塩辛の味付けでも一風変わったものになるのでいいですね。

福岡に来た当時は、

「なんじゃこの甘い醤油は」

と驚きを隠せませんでしたが、今では刺身醤油としては最強なんじゃないかと思っています。

で、この塩辛ですが、職場の女性にその話をすると、欲しいというのであげることに。

気に入ってもらえるといいな。