人は多かったけど、シイラの回遊なし。
台風10号が南西の海上で停滞していることで、北部九州にはここ数日強い北東風が吹いていました。
これは・・・こちらで言う、いわゆるアゴ風。
北東風によって、シイラのベイトとなるアゴ(トビウオ)が平戸に寄せられ、シイラがそれを追って平戸入り。
ショア(しかも堤防)から1m超のシイラが釣れる、という狂宴を巻き起こす風のことです。
この風で、間違いなくトビウオは寄る。
そう判断して、時期的にはやや早いのですが、平戸堤防シイラに行ってきました。
◆実釣日時
2016/8/27(土) 04:30-10:00

◆釣行場所
平戸堤防シイラで有名な漁港

◆潮周り
長潮
02:57 満潮(225cm)
10:04 干潮(105cm)

◆水温
不明

◆ベイト状況
表層 近傍 サヨリ/トビウオ

◆風
北東から10m/s!?
とにかく爆風

◆持ち込みタックル(ショアキャスティング)
Rod:SHIMANO COLTSNIPER XTUNE S1006H/PS
Reel: SHIMANO STELLA SW 8000HG
Line: SHIMANO OCEA EX8 PE 4号 300m
Spacer:DUEL HARDCORE X8 8号 6ヒロ
Leader:よつあみ ナイロン  100lb 4ヒロ
Lure:~120gの青物プラグ/ジグ
Target:青物

◆持ち込みタックル(ショアキャスティング)
Rod:SHIMANO COLTSNIPER S1000MH
Reel:SHIMANO 15 TWINPOWER 6000PG
Line:GOSEN JIGGING X 8 Braid 2号 300m
Spacer:DUEL HARDCORE X8 4号 6ヒロ
Leader:ナイロン 8号(30lb) 6ヒロ
Lure:〜40gメタルジグ/プラグ

真っ暗な時間帯からスナップ結束して、キャスト開始。

この時間帯のシイラのバイトはまずないので、ダイビングペンシルでの青物の誘い出しを・・・と思いましたが、風でラインがはらみ、うねりでルアーは跳ね、もう全然ダメ。

ジグでのスキッピングと中層~ボトム付近でのジャークに切り替え・・・反応なし。

明るくなってきて、人も増えてきました。

台風接近中やってのに、みんな好きですなあ。

いよいよ風でプラグ類が飛ばなくなってきました。
ジグなら飛距離は出ますが、はらんだラインをメンティングしている間にジグはかなり沈んでしまう。

そんな中、アゴペンは飛距離が稼げて、着水後の沈降も遅いので、なるほどよく考えられたルアーですね。

爆風向かい風の中、効果的にシイラを釣るための構造をしている。

なーんて考えながらアゴペンを高速で引いていると、ルアーを引っ手繰られた!

きたきたきたああああああああああああああああ!!!

やや軽いけど、ゴリゴリ寄せてランディング!

おお、これがシイラというやつか。

アキラさんが釣ってたものとはちょっとデザインが違うけど、時期的なものなのか。

どこをどうやって〆て血抜きすればいいの・・・?

K U S O GA ! ! ! !

その後も回遊を信じて投げては巻き、投げては巻き。

するとまたもや魚信!!

これは!これは藻ではないぞ!!

おお。

これがシイラというやつか。

アキラさんが釣ったやつとはデザインがちg

K U S O G A ! ! ! ! ! ! ! ! !

とはいえ、なんか表層をウロウロしてたベイトがサヨリだということは分かった。

ときおりトビウオも跳ねてますが、シイラの回遊はすっかりないままリミットの10:00となり納竿。

長潮にも関わらず、相変わらずいい感じによれてますな。

ルアー届かんけどw

そんなわけで、平戸堤防シイラ初戦は惨敗の結果となりました。

まあ、足しげく通いますかね。時間限定で。

//====================
// 最後に宣伝
//====================

ヤフオク!に青物プラグ、15ツインパSW6000スペアスプール出品しています。

http://sellinglist.auctions.yahoo.co.jp/user/roundtrip_600rr