かなりの力技ですが、外せました。

電解溶着でくっついてしまっていたタモ枠と玉之柄(ランディングシャフト)がやっとこさ外れました。


下記動画見てもらったらお分かりかと思いますが、エギングやるには不自然なほど短くて小さいタモ背負ってたのは、メインで使ってたランディングシャフト(tailwalk キャッチ―バーマイクロ 630)とタモ枠が固着してしまって、背負えなかったからです。

この動画で背負ってるシャフト、4.5mしかなくて短いのと、タモは後で洗うの面倒でめったに使わないんですがw

いかならギャフ打てば手軽なのと、後始末も楽やなあ、と。

で、半年ほど前から固着して困ってたタモ枠とシャフトをなんとか外してやろうと頑張ってたんです。

ついにはネジの軸とフレームが外れたりw

で、これをいいことに、パイプレンチ2本で無理やり回してやったら外れました。めでたしめでたし。

これでギャフ装備して、攻めのエギングができますわあ。