SHIMANOの堅牢リールSTRADICのCI4+モデルを発表!

シマノから、金属ボディで堅牢さをアピールしたストラディックが発売されたときは違和感があったんです。

↑ストラディックといえば、もともとセフィアCI4+の海外版やったはず。

それが金属ボディを纏って日本で発売とは…

http://fishing.shimano.co.jp/product/reel/4073

「べ、別物ですやん・・・」

と。

で。

やはり、発売されるみたいですね、ストラディックCI4+(釣り雑誌で確認)。

これは完全にレアニウムのラインを置き替える機種だと感じた。
新型マグナムライトローター
Gフリーボディ
コアプロテクト
を搭載。さすがにマイクロモジュールギアはないか・・・。
こちらはバンキッシュにて、かな。

2015年はツインパワーをモデルチェンジ。
更にストラディック発売でバイオマスターのラインを一新。
2016年はヴァンキッシュをモデルチェンジし、更にストラディックCI4+でレアニウムのラインを一新。
今後のセフィアとソアレのCI4+モデルはストラディックCI4+がベースになりそうですね。
現行セフィアや現行ソアレのCI4+シリーズとの相違点は、おそらく
・リジッドサポートドラグは未対応?(セフィア、ソアレは対応)
・ラピッドファイアドラグは未対応?(セフィアは対応)
ということで、上記に対応したもの、という意味であればセフィア、ソアレをお求めください。

アジング用
1000S
C2000S

エギング用
C3000S

シーバス用
3000
4000

という感じかな。

このシリーズを青物に使うのは、耐久性の面で不安なので、やはりライトゲーム用に。。

ストラディックCI4+、赤を基調としてシャープなデザインでかっちょよかったっすよ。
「ヴァンキッシュはデザインが・・・高いし」
という方には打ってつけ。