気温も一気に下がったし、昼間は猛威を奮ってた強風も夜には収まるってことやったので、
呼子にアジングに行ってきた。
しかしまあ渋い・・・
しっかり潮は動いてて、風もそこまで強くない。
ベイトは入ってるけど、いないのか、いるのに食わないのか、釣果にはやや不満の釣行となりました。

◆実釣日時
2015/11/28(土) 22:00-25:00
◆釣行場所
呼子
◆潮周り
大潮?
◆持ち込みタックル(アジング)
Rod:SHIMANO Soare XTUNE S604LS30
Reel:SHIMANO Stella 1000PGS
Line: よつあみ チェルム アンバーコード 0.2号 150m
Leader:SUNLINE Fluoro 1号
Lure:0.2~3gジグヘッド各種+ワーム、小さいエギ
Target:アジ、イカ
(Spare Spool:DUEL Armored F+ 0.1G 100m)
幸い回ってきた(食い気が立った?)時にそのレンジにリグを通せたのでボウズは逃れられた。
当初はナイロン1号とフロロ1号でリーダーの材質違いによる感度比較を行いたかったけど、そんな余裕全然ありませんでした。
結局フロロ1号で通した。
釣果は3時間頑張って
20cm未満のアジ*4
小さいヤリイカ*1(アジングタックル+エギチョイ投げで)
マメのくせにいっちょまえにモゾバイトしてくるから大変やった。
とはいえ、釣れてくれた。
感謝。
1ヶ月前に買った魚用の包丁もやっと使えた。
最近ずーーーーっとお持ち帰りなかったからな。。。w
今まで使ってた刃渡り30cmはあろうかという牛刀に比べて

小出刃は取り回しがよく、アジ程度なら非常にさばきやすい。
柳は歯の薄さと刃の高さから、魚の身との摩擦も少なく、非常に切りやすかった。

個人的には柳の切れ味(買ってすぐ砥いだけど)が非常に気に入った。

さて、またお土産確保しにいかなね。

今回やったこと、次回への足掛かりとしてメモっておく。

①レンジ
キャスト後着水から1秒、5秒、10秒、15秒、20秒とレンジを刻む。
その後のアクションはレンジキープを意識。
これでほぼ全層を探ったつもり

②アクション
チョンチョン、と小さくトゥイッチ
パーンパーンと大きめダート
時折フリーフォール
ボトムステイ

③ワーム
カラーは白、クリアラメ、クリア
シェイプはどれもヒョロ長系で2inchと3inch
(アジキャロスワンプ、アジ職人ソフトサンスン、アジ職人アジマスト)

④ジグヘッド
0.6g、1g、1.5g、2g、3g
(尺ヘッドRタイプ、アジスタ)

こうやって見るとボクが持ってる引き出しは開けきった気がするなあ・・・。